03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-08-13 (Thu)
ご訪問ありがとうございます(*・ω・)*_ _)ペコリ












11日 義母と我が母の通院が終わり 夕方シンジを連れ病院へ


前回頂いたお薬を飲ませ ご飯ご飯ってせがむ事も落ち着いて
ぱっと見でもちょっと背が伸びた?毛艶が良くなった?って感じで様子を見てた



また ご飯ってにゃ〜にゃ〜鳴くし ぱっと見が戻って来てる
犬のトキのお薬がちょうど取りに行かないけなかったし... 

病院へ着き 体重を見ると うそっ!!!前回病院へ行った時より減ってた 
2.8キロが2.6キロ マジかぁ



2015-08-13-1.jpg



前回 お薬と食事療法で改善されなかったら
血液検査をして ステロイドやその他いろいろ考えようだったので

今回は血液検査をして詳しく調べてもらう事になった

結果 NH3(アンモニア)の数値が 基準値0〜63なのに シンジは123に
いうところの 肝疾患..... T-BIL(総ビリルビン)も 5.1と高い

肝疾患である 他の数値を見てみると基準値範囲内だったり
他の臓器は異常なく 正常な動きをしてる...

シンジの場合 肝臓はちゃんと機能してるけど 元々弱いらしい
持って生まれた物 かな



2015-08-13-2.jpg



それに加え

心臓から流れてる来る栄養が 他の臓器をへて
肝臓を通り 肝臓でも栄養を落として行く そして心臓へ戻る
その流れが 肝臓でちゃんと栄養が落としきれてないのか

栄養が流れて来る血管の途中でシャント(血管)が出来てしまい
肝臓を通らず 迂回をして心臓へ戻る

これらを調べようとしたら 肛門から内視鏡を入れ組織検査
リスクの方が大きいから出来ないし...

病名はまだはっきりとは言えないけど
こういうケースは 犬の方が多い 多いと言ってもぽんぽんある訳でもなく
猫では稀なそうな.... また稀かいな なんや聞いた事無い臓器の名前あるし

どうして稀なのかと言うと 症状が個体で全然違うから
気がつかずに 他の病気で検査して 後から解るケースも少なくはないと

シンジは早く見つかって良かった たとえ完治の無い病気だとしても
肝臓の機能は弱くても動いてくれてるし なによりシンジが元気

これからは 点滴と内服 食事療法を調節しつつ見守るしかないね
シンジと一緒に頑張ろう もしかしたらは無いのかもしれないけど
まだ解らん シンジがどえら事してくれるかもしれん まだ若いし
よ〜し 来週も点滴行くぞ〜 出来ればカツオ味でお願いしま〜す

なんてね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

シンジ がんばろな〜



ってシンジのお薬待ってる時 何気にメール見たら
ボラさんのOさんから 預かりっ子を見たいって連絡が入ってた

うそっ マジで 

住所を見たら なんとここの隣の町やん!!!
そう 今いる動物病院 道路を隔てた隣の町の方 近っっ

嬉しい



2015-08-13-3.jpg




仔猫を希望されてる方で 限定は無く 仔猫だけ
お〜っ なんだか凹んでたのに 嬉しい知らせが聞けるなんて
まだ 会わせるしか決まって無いけど

どうか ななしちゃんに幸が訪れます様に☆









拍手コメントありがとうございます
相変わらずお返事が出来なくてごめんね


ポチっと↓↓応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ  
ありがとうございました





スポンサーサイト
| シンジ・アスカ・プリン | TB(0) |